誰にでも資産運用をすすめるのは、ちょっと違うと思う。

資産運用は必要か?

個人的にも、それなりの資産形成ができたのは、投資の力が大きかったと思っている。

だから、本気で資産運用や投資をしたいと思っている人には、どんどん投資をすすめたいと思っているし、ファイナンシャルプランナーとして、できるだけの支援やアドバイスはしていきたいと思っている。

でも、それが『誰にでも』ではないことも、わかっています。

資産運用をした方がいい人の条件として、『本気で』というものが必要なことも重々承知しています。


投資や資産運用というのは、どうしたって失敗を経験することになる。

失敗したことがない人は、ちゃんとした投資家にはなれないとも思っている。

大切なことは、『失敗したときにどうするか』という事です。

投資や資産運用では、とにかくこれが大切。

しかし、『失敗を乗り越えられる』タイプには、『本気で』という意思がある人が多い。

『本気でない』人に、失敗を乗り越えろというのは、とても酷だし、わざわざ言いたくもない。


資産運用で資産形成をするためには、その人自身の問題がとても大きい。

安易に「人のアドバイスを聞いていれば、資産形成ができる。」なんて考えて、上手くいくことはないと思っている。

「最後は自分で考える必要がある。」

自分のお金なんだから、当然と言えば当然の話です。

投資や資産運用で失敗して、苦しむことになるのは、アドバイスをする人ではなく、自分自身です。

資産運用や投資というものは、本人が『本気で』考えるようになってから始めるべきものだと思っています。


投資しなくたって資産を増やすことはできる。

失敗が怖ければ、投資なんてしなくていい。

「怖くてもやりたい」という気持ちがなければやる必要はない。

投資や資産運用と言うのは、損して得してを繰り返しながら進んでいくことです。

損するのが怖ければ、そもそもやらなければいい。


資産を増やす手段は、なにも投資だけじゃない。

『貯金』をすればいい。

毎月毎月、ちゃんと貯金を続けていれば、それなりの資産はできる。

毎月7万円貯金すれば、30年後には2,520万円。

これに、公的年金をプラスすれば、そこそこ十分な老後資金になるものです。


たとえば、公的制度を上手に利用することは、投資ではない資産形成の一つだと思う。

公的な医療保険制度を徹底的に活用することを考えて、医療保険の見直しを行い、貯金額を増やすことだって一つです。

同じように、働けなくなった時には、傷病手当金や障害年金といった制度もある。

様々な節税対策などを利用して、納税額を減らす工夫も一つです。

他にも、公的年金の受け取りを遅らせる繰下げ受給というのもある。

これを利用すると、公的年金の受取額が最大42%増加するといいます。

退職したら、貯金したお金を先につかうようにして、年金の受給を遅らせれば、下手に資産運用するよりもよっぽど効果的にお金を増やせる。


資産運用をしなければいけないなんて考える必要はないかもしれない。

支出を見直し、貯金ができれば、資産運用に頼らなくてもなんとかなることが多いみたいです。

日本人の多くは、資産運用に頼らず貯金で何とかしてきた。

しかも、それで何とかなってきた。

「アメリカでは、投資しているのが一般的」だとか言われることもありますが、家計をやりくりして貯金だけで生活設計をしてきた日本人の堅実さは、逆にすごいことなのかもしれない。

他にも「これからは、違う時代が来る。」なんて言う人もいるかもしれないけれど、そんな話が本当にあてになるのだろうかと、まず考えてみるべきではないだろうか。


将来がわからないから怖いと思っている人が、どうなるかわからない資産運用に手を出すことも、矛盾しているように思えます。

投資と言うのは、基本的に明るい未来を想像してやるものなのではないでしょうか?

世界経済が成長する、企業の業績が伸びる、新しい産業が生まれる、どれも明るい未来を見ているはずです。


個人的には、投資には、いろんな面白さやたくさんの魅力があると思っているので、できるだけ多くの人に伝えたいと思っています。

でも、やろうと思わない人に無理にすすめるものではないこともわかっています。

所詮、投資や資産運用のスキルと言うのは、勉強や音楽、スポーツの教室に通うのと一緒で、生きていくのに必要なものと言うよりも、もっとより良く人生を送りたいと考えている人のためのスキルなのだと思います。


LINEで相談〔公式LINEアカウント〕

LINEで、FP相談や講座の予約ができます。

ブログの更新ニュースや、ちょっとした投資の考え方、その時その時の投資スタンスなどについて、たまに配信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000