投資の始め方なんて、シンプルでいい⁉

はじめから完璧な投資なんてできない。

投資をしたいのに、始められない人。

「失敗をしたくない。」、「損したくない。」、「完璧なスタートを切りたい。」

そんなこと思ってませんか?


はじめから完璧な投資なんてできません。

投資の神様と言われるウォーレン・バフェットだって、いっぱい失敗している。

投資なんて失敗してなんぼです。


「失敗したっていいように投資する。」

これが投資を始めかたの基本です。

失敗して取り返しがつかないことにならないように、スタートを切る。

これが、一番大切。

つまりは、「小さく賭けろ」ってことです。


とりあえず、『基本を守る』?

投資の仕方なんてもの、親も学校の先生も教えてはくれなかった。

投資の塾なんてものもなかった。

投資の基本なんて、だれにも教わらなかった。


基本は大切。

投資のように不確実性を相手にするなら、なおさら基本は重要。

基本を知るものは、知らず知らずのうちに守り方が出来ている。

失敗しても、大けがしない。

投資には、失敗というリスクがある以上、『基本』を抑えることがとても大事。


そして基本は、往々にして難しいものじゃないことが多い。

小難しい理論を並べて、複雑な投資・運用方法をすすめるのは、はっきり言えば投資の基本から外れている。

基本というのは、だいたい初心者にもわかるようなものでなければ意味がない。


基本に忠実な、シンプルな方法。

基本というのは、応用を知ることで、より基本の奥深さを知ることがある。

そして、その奥深さを知ることで、より基本の効果が上がる。


とりあえずここでは、投資の基本の奥深さにについは触れませんが、投資の基本は、『リスクを分散し、小さく賭ける』ことです。

実践するなら、『株式のインデックスファンドに、損しても構わない金額で投資する』ことです。


インデックスファンドは、リスク分散効果の高い商品です。

さらに、損してもいいように、小さく賭けることで、失敗のダメージを小さくする。


複数の資産に投資する?

毎月積立で購入する?

分散よりも集中?

そんなことは、後からでも十分。


とりあえずは、基本を守りながら、リスクに慣れることから。

リスクに慣れて、リスクの取り方がわかってきたら、基本からの応用を考えてみる。

そして気づけば、基本が一番いいのかもと反省する。


基本が出来ていれば、失敗したっていいんです。

基本が出来ていれば、その失敗は、後から挽回できるチャンスはきっと来ます。

基本が出来ているからこそ、失敗することが怖くないのです。

怖くないから、より投資ができるようになり、より儲かりやすくなるのです。

LINEで相談〔公式LINEアカウント〕

LINEで、FP相談や講座の予約ができます。

ブログの更新ニュースや、ちょっとした投資の考え方、その時その時の投資スタンスなどについて、たまに配信しています。

0コメント

  • 1000 / 1000