お金持ちになる投資と、お金持ちの投資は全くの別物?

お金持ちとお金持ちを目指す人の投資の仕方は別物?

お金持ちは、人脈、情報、いろんなところで恵まれているから、お金持ちじゃない人とは投資の仕方が違って当然。と考えている人は多い。

確かにそういうところもあるとは思うけど、もっと根本的に違うところがある。


実は、『お金持ちは、無理に投資で高い収益を求める必要がない。』というのが大きい。

つまりは、『無理なリスクをとってまで運用しなくたっていい。』ってことです。

たとえば、3億円のお金を持つ人は、たった2%のリターンで年間600万円の収入が作れる。

500万円ぐらいのお金しかない人が同じリターンを手にしようと思ったら、一体何%のリターンが必要なのだろうか?

そして、そのリターンを手にするためには、一体どれだけのリスクを取らなければならないのだろうか?

お金持ちの人は、お金持ちというだけですでに有利な立場にいる。

これが投資や資産運用の世界の現実なのです。


お金持ちの投資は、ちょっとのリスクをとって、そこから得られるリターンだけでも十分な収入になる。

対してお金持ちでない人の投資は、小さなリスクをとる程度の運用だと、良くて年間数万円、生活の足しにするには遠すぎる。

お金持ちでない人が投資で収益がほしいとなれば、それなりにハイリスクな投資の仕方が必要になってくる。

お金持ちの投資と、お金のない人の投資のアプローチが全く違うものになるのは当然なはず。


お金持ちの資産運用法はいい方法?

金融商品の商品説明で、 『お金持ちの運用法』という言葉を見かけることがある。

でも、お金持ちとお金持ちでない人の資産運用法が全く違うものになるというのは、今まで言ってきたことからしても明らか。

それなのに、『お金持ちの運用法』と聞くと、「それはいい方法だ!」と思う人が時々いる。


確かに、『お金持ちの運用法』は良いものであることも多い。

でもその運用法は、少ないリスクで、堅実に運用するタイプのものであることが多い。極端に言えばリターンよりもリスク重視の運用で、資産が守れるならリターンなんか無くたって構わないというスタイル。

元本保全というよりも、インフレなどの経済不安や政局の不安定などの社会不安にも対応できる資産構成。

お金持ちになるための運用ではなく、お金持ちで居続けるための運用です。

そんな運用法が、これからお金持ちを目指す人の運用にあっているのだろうか?


投資法や運用法と言われるものは、良い方法かどうかよりも、自分にあっているかどうかの方が大切になる。

これからお金持ちになりたいという人がするべき投資や運用は、お金持ちの運用法を真似するのではなく、お金持ちになるための運用じゃなければ意味がない。

ずばり言えば、お金持ちの運用法よりも、よりリスキーな投資や運用をしなければいけないってわけです。


お金持ちの運用よりもよりリスキーに。

お金持ちになるための運用法とは、より大きなリスクをとった投資をすること、とは簡単に言うけれど。

リスクを上げるということは、失敗する確率が上がることも意味している。

どうやらこの世界は、そう簡単にお金持ちになれないようになっているようです。


失敗を恐れず、失敗しても諦めない、そういう覚悟も求められる。

そして、人よりも努力することも求められる。

金融商品への投資によるリターンは、努力や能力、スキルとは関係ないなんて言われることもあるけれど、決してそんなことはないと思う。

努力をして勉強し、失敗を重ね、上手なリスクのとり方を身につけることはできると思う。

また、知識と経験を身に着けた人には、チャンスとそうでないときを見極める洞察力もあると思う。

金融市場というところは、苦労したことが、ただ苦労しただけで終わるような世界とは違うと思っています。


より高いリスクを上手に取るための能力を上げることは、投資でお金持ちになるためには、必要な項目の一つです。

0コメント

  • 1000 / 1000