『お金のいろはファイナンシャル・プランニング』で投資の勉強にかける費用って高いの?

投資においては、運用に係るコストをできるかぎり軽減することがとても重要なポイントです。

当然、投資の勉強をするために係るコストもできる限り減らした方がいいことは確かであり、可能であれば、マネースクールになど通わない方がいいというのが本音です。

それなのになぜ、投資の勉強を費用をかけて行うサービスを行っているのか?

そこで、「お金のいろはファイナンシャル・プランニング」の個人レッスン費用負担について考えてみます。

資産運用のポイントはコストの削減。

金融市場でリターンを上げるためには、運用に係るコストを下げることが一番手っ取り早い方法です。

「効率的市場仮説」「平均回帰」「対数の法則」といった法則が金融市場に働いていることは誰もが認めるところです。これらの話をまとめると、金融市場で得られるリターンというのは、どう頑張っても、その市場の平均値程度に落ち着くことになるということになります。

しかし、その平均値から金融機関や投資助言を行う人などへ支払うコストが発生すると、結果的に平均値以下のパフォーマンスに落ちてしまうことになる。

だから、彼らへの費用負担をできるだけ減らし、市場から得られる平均値のリターンを確実に受け取れるようにするという目的のもと誕生したのがインデックスファンドというわけです。

インデックスファンドが有効だということは知っていても、実際に取り組んでいる人はどれだけいるのだろうか?

今は、ネットでも書店でも、インデックスファンドに関する情報はたくさん出ています。そしてインデックファンドが効果的だということも多くの人が知っています。

それなのになぜ、「私は、基本的にインデックスファンドのみで運用しています」という人が少ないのだろうか、不思議に思います。

思うにその大きな理由は、インデックスファンドというものがどういうものなのかと、インデックスファンドが効果的だという根拠への理解が足りないためではないでしょうか?

金融市場を知り、インデックスファンドへの理解が深まれば深まるほど、インデックスファンドの優秀さを実感するばかりです。

それでも他のファンドを利用するというのであれば別ではありますが。

甘い誘惑弱い人の心も問題です。

インデックスファンドは優秀です。これは間違いないでしょう。

しかし、金融の専門家と呼ばれる人から、ただのインデックスファンドよりも優秀なファンドがあり、こっちに乗り換えるべきだと、根拠をつけて説明されたらどうでしょうか?

インデックスファンドの本当の優秀さを理解していない人には、さぞ心を揺さぶられることでしょう。

人は甘い誘惑に弱い生き物です。しかも、知識人と思われている人が、根拠らしき話でもって説明してくるとなおさらです。これには、人の認知する能力の欠陥が起こしているともいえる事象でもあります。

インデックスファンドが効果的だと表面的にしか理解していない間は、本当に効果的にインデックスファンドを利用して運用することはできないということです。

インデックスファンドを使えれば運用コストはガクンと下がる!

インデックスファンドの運用コストは、信託報酬手数料の0.1%台で運用することが可能です。さらに低コストのETF(株式市場で株式を取引するように購入することができる投資信託:上場投資信託)を利用すれば、0.06%程度の運用コストで運用することもできます。

一般的な投資信託の信託報酬手数料が1%~3%程度であることを考えるとかなりの低コストです。

金額にするとどの程度の差になるのかというと、100万円を運用した場合、一般的な投資信託の信託報酬手数料が10,000円~30,000円になるのに対し、インデックスファンドの場合には、600円~2,000円程度で運用できるということになります。

この差は長期投資となることでさらに大きな差になってきます。


年間利回り3%を想定した場合の運用コスト0.1%と1%の差は、運用期間が30年になると、金額にして、54.62万円の差になってきます。0.1%のコストの投資信託で運用した場合には、30年後に100万円は約236万円になっているのに対し、1%のコストがかかる投資信託で運用した場合には181万円にしかなりません。

仮に、低コストで資産運用を行うためのノウハウを学ぶために月1万円を1年間支払ったとしても12万円ですから、勉強代に多少のお金をかけても十二分に効果が期待できるわけです。

たった0.9%のコスト差が、なぜこれほど大きなさになってくるのか?

その謎を解くヒントは『複利』という言葉にあります。長期間運用することを考えると、少しのコスト差でも、大きな差になってくることがわかります。

勉強にコストがかかっても、将来的には大きな費用削減メリットあり!

資産運用は運用のコストをできる限り低くすることがポイントであること。

そして運用コストを低くする具体的な方法としてはインデックスファンドを利用すること。

しかし、そのインデックスファンドが良いということがわかっていても、そのインデックスファンドを活用しきれない、知識的、心理的弱さが私たちにはあるということ。

これが私たちの資産運用における能力であるということです。

ということで、その能力の足りたない部分をカバーするために勉強をしないといけないというわけですね。

100万円を運用して、インデックスファンドで賢く運用できた場合と、一般的な投資信託で運用した場合の差は、30年にもなると、50万円を超えるような差になってくる。

さらに運用額が増えて、500万円とか1,000万円とかになれば、そのコスト差はさらに大きなものとなってきます。

勉強にトータルで数十万円のコストをかけたとしても、専門家などに運用を任せて年間1%とか2%とかのコストを支払うより、将来的には勉強して自分で運用したほうのが資産額は大きくなっている可能性が高いということです。

【お金のいろはファイナンシャル・プランニングのマネースクールの費用はどのくらい?】

お金のいろはファイナンシャル・プランニングのマネースクールは、インデックスファンドを使って賢く運用する方法を約1年かけて学んでいきます。1回の講習10,000円で、月一で講習を行うことを想定しています。

総トータルの費用は、10,000円×12回=120,000円(税抜き)が目安です。

その効果は、先ほど見ていただいた通りです。

自分で運用するノウハウを身に着けることでより着実に資産形成に向けて進んでいただきたいと考えています。

お金のいろはファイナンシャル・プランニングのマネースクールで学ぶ内容は、投資をする上で押さえておきたい知識とは?金融市場とはどういうところなのか?インデックスファンドとはどういうものか?なぜインデックスファンドが優秀なのか?インデックスファンドをうまく活用しながら運用する方法とは?といったことを学ぶことができます。



栃木県宇都宮市で資産運用を始めるなら、投資のいろはが学べるお金のいろはファイナンシャル・プランニングのマネーセミナー

栃木県宇都宮市で、資産運用のノウハウが学べるお金のいろはファイナンシャル・プランニング。

投資、資産運用の他ライフプランニング、資産形成、貯蓄計画などが相談できるほか、投資と資産運用を始めるにあたって、どうやると効果的な運用ができるのか、資産運用とはどういうものなのかが学べるマネースクールを行っています。