まともなファイナンシャル・プランナーは、なぜ相談料で報酬をもらいたいと考えるのか?

ファイナンシャル・プランナーの主な収入源は、生命保険や投資信託などを販売した時に金融機関から受け取れるコミッション報酬であることが多いものです。

しかし、実はファイナンシャル・プランナーとしての意識が高いファイナンシャル・プランナーほど、金融機関からのコミッション報酬ではなく、お客様から直接頂く相談料(フィー)としての報酬を受け取りたいと考えているようです。

FPの仕事は、ライフプランを作るという自覚?

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、お金の専門家といわれていますが。

お金の専門家である前に、『顧客のライフプランを作成しファイナンシャルプランニングを行う』というのが、FPの本来の役割です。

お金の話というのは、『ライフプラン』を考えるうえで、どうしても問題となってくることが多い事項であるため、ファイナンシャル・プランナーは、お金の知識を専門的に学ぶ必要があるわけです。

私たちが生きていくうえで、様々なお金の問題に遭遇します。

日々の生活はもちろんですが、人生には子育てや住宅、老後といった様々なイベントが起こり。そのたびにお金という問題に突き当たることになります。

そんな時に、転ばぬ先の杖としてのプランニングを行うのが、FPなのです。

多くのFPが登録している、日本FP協会では、FPについて以下のように説明しています。

『結婚する、家を建てる、子供を留学させる、老後は海外で過ごす…など、わたしたちの将来の夢や目標をかなえるためには、まず、実現までの計画をしっかり立てることが大切です。この人生設計が「ライフプラン」です。 そして、わたしたちの夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。

これらの計画を立てるためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、わたしたちの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナー、いわば、「家計のホームドクター®」のような存在がファイナンシャル・プランナー(FP)です。』

このことからも、FPの本来の役割は、ファイナンシャル・プランニングであることがわかります。

このことを自覚しているFPほど、金融機関からのコミッション報酬よりも相談料であるフィーでの報酬を得たいと考えています。

ファイナンシャルプランニングを主に据えると、フィー(相談料)ビジネスを意識することになる理由とは?

顧客からフィーをもらうビジネスモデルではなく、金融機関からコミッションとして報酬を受け取るビジネスモデルにすることで、お客さんに対して、『無料』で相談対応をすることが出来、さらに必要な金融商品をワンストップで提案、提供できるからとてもいいことのように思います。

しかし、金融機関の販売コミッションで仕事をしようとすると、やはり金融機関の商品を販売しないことには『無報酬』となってしまうため、相談対応の時にどうしても金融商品を販売したいという意識が働いてしまうものです。

つまり、『ライフプランのための、金融商品ではなく、金融商品販売のためのライフプラン』になってしまいがちというわけです。

そのことに気づいたFPは、金融機関からの商品販売コミッションではなく、顧客から直接頂く、フィービジネスにしたいと考えるようになるようです。

しかし、『無料相談』という言葉が独り歩きしている今、フィーをいただいて相談対応をするということの価値を上手く伝えられず、なかなかビジネスが成り立たないと感じているFPも少なくありません。

金融商品は、何のためにあるのか?

それは、間違いなく『ライフプラン』と『ファイナンシャル・プランニング』、そして顧客の夢や目標である『ファイナンシャル・ゴール』を達成するために使うものであるはずです。

決して、金融商品を購入するために、『ライフプラン』と『ファイナンシャルプランニング』を考えるものではないはずです。

意識の高いFPほど、そのことを意識し、フィービジネスを行いFPとして本来の役割を果たしたいと考えているようです。



宇都宮市のFP事務所《お金のいろはファイナンシャルプランニング》は、金融商品の販売をしない、相談料による顧客本位のFPです。

《お金のいろはファイナンシャル・プランニング》では、保険や投資信託の販売といった金融商品の取り扱いを一切行っておりません。

『ファイナンシャル・プランニング』を重視し、完全中立な立場で、お客様にとって最善と思われるご提案をいたします。