幸せな小金持ちを目指す資産運用を、資産形成特化のFPに相談?

案外、『大金持ちよりも、小金持ちの方が幸せ?』だったりするのもです。

また、金融資産5,000万円から1億円ぐらいなら、がんばれば私たちにも決して不可能なものでもないようです。

実際のところ経済的不安というのは、金融資産5,000万円程度の小金持ちでも、それなりに解消されているものです。

それに、ゴージャスで優雅な生活にあこがれている人というのは、それほど多くない。

ある程度自由で、不安のない生活が送れれば、それで十分と考える人の方が多いものです。

目指すべき小金持ち像?

「大金持ちになりたいですか?」

なれたらいいなと思う人は多いです。

しかし、「本気で大金持ちになりたい」と考えている人は少ないものです。

そもそも、お金持ちになりたいと考える理由は、

『仕事に追われない自由な時間がある。』

『上司や取引先など誰にも気を使わないでいい。』

『金銭的に余裕のあり、心にゆとりがある。』

『好きなことに挑戦できる。』

といったものが本音です。


実は、意外かもしれませんが、これらは別に大金もちでなくても、小金持ちもで十分に実現可能なものが多いものです。

金融資産にして5,000万円~1億円、いわゆる準富裕層と呼ばれる階級の人たち。

この人たちは、日本全国で約6%の世帯が該当しているようですが、目指すべき小金持ちは、このレベルです。


例えば、5,000万円の金融資産から年利4%の不労所得を得られれば、年間200万円の収入になります。

普通の生活をするのにかかるお金が月30万円、年間360万円だとすると、仕事など他の手段でかせぐ収入は、あと160万円です。

パートやアルバイト収入でも目指せなくもない金額です。

少なくとも、残業などで時間を奪われ、疲労やストレスをため込む必要はなくなります。


しかも、もうすでに十分な資産を保有しているので、貯金も必要ない

つまり、収入はすべて消費に使える。


自由で、やりたいことをやって、経済的にも不自由するほどではない。

それが目指すべき小金持ち像です。


小金持ちを目指す方程式?

小金持ちへの方程式は、

収入(A) - 支出 = 貯金(B) 

貯金(B) × 運用 = 収入アップ(C)

収入(A) + 収入(C) - 支出 = 貯蓄

この繰り返し。


仮に、年収500万円、がんばって貯蓄して年150万円(3割)

運用利回り6.5%(シーゲルの一貫性を参考)

これを20年間続けると。

資産総額は、5,700万円をうわまわってきます。

資産取り崩しの4%ルールを適用すれば、世界恐慌のような大事件が起きても、30年間の間、年間約228万円のお金がつかえることになります。

実際には、資産運用を始めて20年もたてば、もっと賢い運用法や取り崩し策を思いついていてもおかしくないことでしょう。


頑張って貯蓄し、賢く運用すれば、20年後には自由な時間を手にし、新しい生活が待っています。

小金持ちというのは、私たちが思っているほど遠い存在ではないようです。


ちょっとした生活の工夫と、貯蓄と投資に少し本気で向き合ってみること。

これだけで、小金持ちというのは、決して不可能な夢ではなくなると思っています。


小金持ちを実現するために?

方程式がわかってしまえば、やるべきことはとてもシンプルです。

ポイントは、いくら貯蓄をして、運用利回りがどのくらいになるかです。


計画的な貯蓄計画と、正しい運用法を学べば、後は実行するだけ。

言ってみれば、『小金持ちなる方法』は、誰でも学ぶことができる。


資産形成特化のファイナンシャルプランナー、『あせっとびるだーず』では、この貯蓄計画と正しい運用法の2つのポイントを学び伝えることを『個別講座』や『勉強会』、『FP相談』などを通して行っています。

言ってみれば、みんなが夢だと思っているかもしれない『小金持ち』になるための支援を、夢と思わず、本気で実現するために支援しているわけです。

『小金持ちになりたい』、そんな戯言と思われるような夢を、本気で相談しに来てみてください。

実現する方法がわかれば、きっと夢は、夢ではなくなります。

0コメント

  • 1000 / 1000