「貯金が出来れば、投資はできる」シンプル・イズ・ベストな考え方。

投資よりも貯金が大切!

投資や資産運用をしようと思った時、経済や金融の知識がないとできないと思っていませんか?

経済や金融の話って、難しそうで近づきにくいと思っていませんか?


実は、経済や金融の知識がないことや難しいことなんて関係なく、投資や資産運用を始めることは誰にでもできるのです。


まだ数学もわからない小学生にだってできちゃいます。


事実、投資の神様といわれているウォーレン・バフェットは、11歳の時に、すでに株式を買っていたそうです。


難しく考えるから、始められない。


必要以上に怖がるから、言い訳を考える。


それが投資を始められない一番の理由だと思っています。


だから”シンプル”に考えよう!


貯金をしたことってみんなありますよね。

収入から支出を引いて、残りを貯金しておく。

ごく当たり前の行為です。


さらに節約をしたりして、貯金額を増やそうとする努力をしたりもしますよね。


実は、投資において一番重要な事は、投資をするノウハウやテクニックなどよりも、貯金する能力の方がずっと重要です。


貯金をするように投資をすれば、だれでも資産を築けるのが今の時代です。


投資先は、インデックスファンドという良いものがあります。


銀行に貯金をするように、インデックスファンドにお金を預けていれば、それだけで資産を築くことができました。


違いは、お金の預け先が、銀行かインデックスファンドかだけです。


支出をコントロールし、貯金をするテクニックを磨こう!

貯金の預け先は、インデックスファンド1本。


重要なのは、どれだけ預けられるかです。


だから、投資でどれだけ儲けられるかを気にするよりも、どれだけ支出を減らして、少しでも多くのお金を貯金(インデックスファンドへの投資)ができるかに集中したほうが資産形成には効果があります。


投資よりも貯金するノウハウやテクニックを磨くことが、資産形成には近道になります。


支出をコントロールし、貯金が上手な人は、資産形成の才能がある人です。


投資を気にするよりも、まずは貯金習慣から始めてみませんか?


それが、将来への不安も減らす、資産形成の近道になります!


0コメント

  • 1000 / 1000